トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

涙やけ(流涙症)

 

トイプードルがかかりやすい病気の一つに涙やけ(流涙症)があります。

 

流涙症は、涙の出る管が何らかの原因で詰まったり、細かったりすることで流れが滞ることで起こると言われています。

 

常に涙が出ている状態で、目の周りの毛が茶色く変色してしまうため、涙やけとも呼ばれています。

 

白やクリーム、シルバーなど、薄い毛色の子は特に目立ってしまいますね。

 

涙もそうですが、目ヤニも多くなり常に目ヤニが出ているのでこまめにふき取ってあげないと、皮膚の弱い子は湿疹ができたりします。

 

涙やけは、先天的に涙管に何らかの異常がある場合と、角膜炎などの目の病気が原因になっていることもあります。

 

目の炎症で涙やけになっている場合は、点眼薬などで炎症を取り除くことで解消されます。

 

先天性の場合は、涙管が詰まっていることもあるので麻酔をし、細い管を通して通りをよくし洗浄をする必要があります。

 

しかし、治療をしても完治にはかなり時間もかかりますし、完治しない場合もあります。

 

こういう場合は、涙がでたらすぐにふき取る、目ヤニがたまらないようにするなど根気よく対処していきます。

 

多頭飼いの場合は、他の子が目薬を付けた直後に目の周りを舐めようとすることがあります。

 

何かの処置をした後に他の子が舐めてしまうことで雑菌がついたり、炎症をひどくさせてしまうことがあるので、目薬を付けたらしばらくサークルの中に入れておくなど注意をしましょう。