トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

中耳炎

 

トイプードルがかかりやすい病気の中に中耳炎があります。

 

中耳炎は外耳炎が進行すると耳の中にまで炎症が広がるためになる病気です。

 

症状が進行すると難聴になったり鼓膜に穴があてしまうこともあるといいます。

 

外耳炎は何度も再発しますので、外耳炎を繰り返すことで中耳炎になってしまうことも多いといいます。

 

外耳炎だけでなく、鼻やのどの病気から中耳炎になることもあります。

 

炎症もひどくなるので痛みがあり、耳を触ると嫌がったりします。

 

耳垢がたまりやすい子で、頭を傾けていることが多い場合は中耳炎を疑ってみてもいいかもしれません。

 

中耳炎にしないためには、外耳炎のうちにしっかりと治療をして、常に耳を清潔にしておく習慣をつけることも大切です。

 

トイプードルの場合は定期的にトリミングに出すと思いますが、自宅でトリミングやシャンプーをする時は耳に水が入らないように十分注意しましょう。

 

中耳炎からさらに内耳炎と進行してしまうと難聴になってしまうこともあるので、飼い主さんがしっかりと管理をしてあげて下さい。

 

中耳炎の治療として外耳炎の治療も効果があります。

 

耳掃除は毎日する必要はありませんが、こまめにチェックして洗浄液などをしみ込ませたコットンで耳の見える部分拭いて清潔にしてあげるといいと思います。

 

外耳炎同様耳の垂れているワンちゃんは、耳の病気にもなりやすいので注意が必要ですね。