トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

停留睾丸

 

トイプードルのかかりやすい病気に停留睾丸というのがあります。

 

ただ、停留睾丸は男の子限定の病気なので、女の子には関係ない病気ですね。

 

どういった症状かというと、赤ちゃんの時は睾丸は腹腔内にあります。

 

成長とともに生後6ヶ月ほどで少しずつ下降して定位置におさまるのですが、個体差があるのでもう少し遅くなる子もいます。

 

睾丸が約6ヶ月を過ぎても定位置に降りてこない場合に、停留睾丸と診断されます。

 

睾丸は2つありますが、片方だけの場合もあれば両方停留睾丸になってしまうこともあります。

 

片方だけでも降りていれば交配させることもできますが、停留睾丸は遺伝することもあるので、あまりいい考えとはいえないと思います。

 

停留睾丸は痛みなどの症状がないのでそのままでもいいでのですが、腹腔内に停留したままにしておくと、まれに周りの組織と癒着して腫瘍化することもあるといいます。

 

ショードッグの場合は停留睾丸だとショーには出場できなくなります。

 

手術をして睾丸を取ってしまえば去勢手術にもなりますし、将来的になる可能性のある前立腺の病気の予防にもなります。

 

また、初めてワンちゃんを飼う人の場合、男の子の患部をじっくり観察することはあまりしないと思います。

 

でも、初めて飼う人でも男の子を飼う場合は、睾丸の状態も確認しておくといいでしょう。

 

わからない場合は、最初のワクチンを接種しに病院に行った時に相談してみるのもいいですね。