トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

大腿骨頭虚血性壊死(レッグペルテス)

 

成長期の小型犬に多い病気の一つが、大腿骨頭虚血性壊死です。

 

トイプードルでも大腿骨頭虚血性壊死にかかる子がいますので、かかりやすい病気の一つとして紹介しておきますね。

 

大腿骨頭虚血性壊死というのは、骨盤と大腿骨頭という骨の付け根の部分に正常に血が巡らないために骨が壊死してしまう病気です。

 

骨が壊死していくので当然痛みを伴い、歩く時に足を引きずったりすることがあります。

 

股関節のあたりを触ろうとすると異常に嫌がったりすることがあり、片方の足だけの場合もあれば、両足に症状が現れる場合もあります。

 

はっきりとした原因は解明されていませんが、遺伝によるものではないかと考えられています。

 

トイプードルは、大腿骨頭虚血性壊死になりやすい犬種とされていますので、何か普段と違うなと感じた時はすぐに病院に行くようにしましょう。

 

主な治療法としては、症状や進行具合にもよりますが、軽い場合は鎮痛剤を使い痛みを抑えることができます。

 

症状が重い場合は、手術に踏み切ることもあります。

 

壊死してしまう前に、大腿骨頭を切除して周囲へ壊死が広がるのを防ぎます。

 

手術をした場合は、完治するまでにかなりの時間を要しますし、リハビリも必要になります。

 

もしも愛犬が大腿骨頭虚血性壊死になり手術をした場合は、飼い主さんも一緒になってリハビリを根気よく続けてあげて下さい。