トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

股関節形成不全

 

トイプードルのかかりやすい病気の中に、股関節形成不全があります。

 

この病気は股関節が形成される段階で何らかの異常により正常に形成されないことで、歩く時に腰を振って歩いたり、ちょっと歩き方がおかしかったりします。

 

おすわりをする時にも、休めのような姿勢で片方に重心を傾けて座ったりすることがあります。

 

元々大型犬に多い病気でしたが、最近ではトイプードルなどの小型犬にも股関節形成不全が見られるようになってきています。

 

股関節形成不全は、ほとんどが遺伝によるものなので、繁殖をする時は注意してほしいものです。

 

遺伝の他には、肥満気味の子や、激しい運動をした時に股関節を痛めることがあります。

 

太り気味で体重が重い子は、高いところから飛び降りたり、階段の上り下りなどはできるだけさせないように注意しましょう。

 

股関節形成不全の治療をする場合は、日常生活も困難な場合は手術をします。

 

比較的症状も軽い場合は、太らせないように食事の管理を徹底し、運動も股関節に負担のかかるような運動は避けるようにします。

 

痛みを伴う場合は鎮痛剤、同時に炎症を抑える抗炎症剤を使いながら、症状が進行するのを抑えていきます。

 

股関節形成不全の場合は、子犬のうちからどこか歩き方や座り方がおかしかったりするので、子犬のころから注意深く観察して何かおかしいと感じたら、診察を受け状況を把握しておきましょう。