トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの赤ちゃん

 

どんな動物でも人間でも赤ちゃんの時って、本当に天使のようでとても可愛いものですね。

 

今人気のトイプードルも赤ちゃんの頃は本当に可愛いですね。

 

自宅で愛犬に出産させる人もいると思いますが、ブリーダーの場合は当たり前のように生まれて間もなく尻尾を切る場合が多いようですね。

 

動物愛護の精神から、耳を切ったり尻尾を切ったりするのをやめようとする運動もありますが、日本ではまだそういう運動も少ないので、切るのが当たり前と思っている傾向にあるようです。

 

他の犬種でもそうですが、生まれつき尻尾の短い犬というのはあまりいません。

 

生まれてすぐに麻酔もなしで尻尾をはさみで切ります。

 

当然のことながら想像もできないほどの痛みがあると思います。

 

まだ目も明かない生まれたばかりの子犬とはいえ、尻尾を切ったあとは焼きゴテのようなもので止血するので、さらに痛がって見るに堪えない光景です。

 

ドックショーに出すショードッグはまだしも、普通の家庭ならば尻尾を切る必要があるのかどうか常に疑問に思っています。

 

日本ももっと動物愛護の精神が高まり、こういう人間の勝手な習慣を亡くすべきなのでは?とも思います。

 

ちょっと話がそれましたが、トイプードルをこれから飼ってみたいと思っている人は、インターネットなどでもトイプードルの赤ちゃんを紹介しているブリーダーもいますので探してみるといいですね。

 

全くの個人的な意見ですが、できることなら尻尾は切らないでほしいです。