トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

アジソン病

 

トイプードルのかかりやすい病気と言われるものの中に、アジソン病があります。

 

アジソン病は、別名を副腎皮質機能低下症といいます。

 

その名の通り、副腎皮質ホルモンの分泌が減っていくことで、食欲が低下し次第に元気もなくなっていきます。

 

下痢やおう吐があったり、多飲多尿、体重の低下なども症状として現れます。

 

アジソン病の特徴としては、一度症状が出た場合でも時間の経過ともに症状も改善されていきますが、しばらくするとまた症状が現れるという風に繰り返していきます。

 

考えられる原因としては、ストレスです。

 

多くの場合は、なんらかのストレスを受けた時にアジソン病の症状が現れるようですね。

 

急性アジソン病の場合は、ショック状態を起こすことから緊急で治療をしなくてはいけません。

 

副腎皮質ホルモンの分泌が低下することで起こるため、副腎皮質ホルモンを補充する治療を行います。

 

副腎皮質ホルモンを補充する治療は、生涯続けなければいけないということを覚えておきましょう。

 

また、ステロイドを使った治療を急にやめた場合にアジソン病になることもあります。

 

しかし、これは医原性のものになるので医原性の場合は、回復して副腎皮質ホルモンの分泌が正常に戻れば、薬物治療をしなくてもいい場合があります。

 

ストレスが原因で何らかの病気になったり、体調を崩してしまうのは人間と全く同じですね。

 

できるだけストレスを感じさせないように気を配ってあげることも考えてあげましょう。