トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

急性膵炎

 

急性膵炎はトイプードルがかかりやすい病気の一つです。

 

急性膵炎の原因としては色々なものが考えられるために一つだけではありません。

 

急性膵炎は、高脂質のフードを食べているワンちゃんや、肥満気味のワンちゃんに多く発症しやすいと言われています。

 

子犬用のフードは栄養もたっぷりで成犬になるためには欠かせませんね。

 

しかし、いつまでも子犬用のフードを食べさせているとかえってよくないこともあるため、フードも年齢に応じて変えていく必要があります。

 

急性膵炎は、膵臓が作りだすとても強い消化液の影響で炎症を起こすものです。

 

急性膵炎の場合は、相当な痛みを伴うために、ショック症状を起こす場合もあります。

 

治療方法としては、急性膵炎には特効薬などがないので症状が軽い場合は、鎮痛剤などを飲ませて症状が治まるのを待ちます。

 

また、消化のいい療養食などを与えて膵液の分泌を出来るだけ抑えるなどで対処します。

 

もちろん、この場合は食事も改善していく事が必要ですね。

 

症状が重い場合は、絶水絶食をさせます。

 

この場合、家庭で絶水絶食をするのは難しいので、入院し点滴をしながら1週間ほど入院させます。

 

膵臓が作りだす消化液はとても強いものなので、膵臓の組織が炎症を起こすだけでなく壊死してしまうケースもあります。

 

こうなってしまうと命にもかかわってきます。

 

急性膵炎の原因は食事だけとは限りませんが、食事にも十分注意してあげましょう。