トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

クッシング症候群

 

クッシング症候群もトイプードルがかかりやすいといわれる病気のひとつです。

 

あまり聞きなれない病名ですが、どんな症状が出るのかを見てみましょう。

 

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモンの分泌が異常に増えます。

 

食欲が増してたくさん食べるのに一向に太らずかえって痩せていく、お水をとにかくたくさん飲み、おしっこの回数も増える、などといった症状があります。

 

おもちゃで遊んだり、ちょっと動くとすぐに疲れてしまう場合もあります。

 

さらに、抜け毛も多くなり気づいたら全体的に毛が薄くなっていたということもあります。

 

毛が抜ける場合は左右対称に抜けるので、毛が生え換わる季節の変わり目などは健康な犬でも毛は抜けます。

 

よって、一概に抜け毛があるから、クッシング症候群だとは限りません。

 

痩せているのにお腹だけが異常にぽっこりしている場合もあるので、日ごろから犬の行動や体の変化をよく観察しておきましょう。

 

治療をせずに放置しておけば症状が進行して、徐々に免疫力の低下から他の病気を併発することもあります。

 

次第に動くのを嫌がり寝てばかりいるようになります。

 

ワクチンなどの予防法がないので、もしもクッシング症候群と診断されたらすぐに治療を開始しましょう。

 

治療法としては、薬物療法になります。

 

現在、何か他の薬を飲んでいる場合なども自己判断で勝手に飲ませるのをやめたりせずに、必ず獣医師に相談してから対処して下さい。