トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

突発性てんかん

 

トイプードルのかかりやすい病気として、突発性てんかんがあります。

 

てんかんは、脳の病気になりますが、突発性てんかんの場合は精密検査をしても、特に異常が認められず原因もはっきりとはわかっていません。

 

脳腫瘍などが原因の場合は、症候性てんかんと呼ばれています。

 

脳に異常がない場合でも何かのきっかけで、てんかんの発作を起こすこともあります。

 

発作の状態も個体差があるので一概には言えませんが、特発性てんかんは発作を起こすと、全身または体の一部がけいれんします。

 

我が家のワンコも特発性てんかんを持っています。

 

いきなりおう吐した後に、全身が硬直したようになり、ガクガク震えて立っていられなくなります。

 

発作をおこしても1〜2分ほどで収まりますし、発作も多い時でも1ヶ月に1度程度でした。

 

特発性てんかんの場合は、抗てんかん薬で症状を抑えることができます。

 

薬を飲ませ始めたら一生飲ませ続けないといけないということから、まずできるだけ、てんかんの発作を起こす原因を排除していくことを考えました。

 

考えられる原因として、急激な温度変化やいたずらをして叱った時でした。

 

寒い冬に温かい室内から外へ出たりするとよくないと考え、できるだけ急激に温度が変わるような状況を作らないようにしました。

 

叱る時もあまりきつく叱らないなど注意することで、発作の回数も1年に1回あるかないかくらいに減っています。

 

しかし、頻繁に発作をおこすようであれば、薬を使った方がいいと思います。

 

発作の頻度や状態によって変わってくると思いますので、きちんと診察を受けてから治療法を選択してくださいね。