トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

進行性網膜萎縮症(PRA)

 

トイプードルのかかりやすい病気の中に、進行性網膜萎縮症(PRA)という病気があります。

 

進行性網膜萎縮症(PRA)は、目の角膜が委縮してしまうために暗くなると目が見えにくくなるものです。

 

症状としては、暗いところで目が見えにくくなるので物にぶつかったりするようになります。

 

夜のお散歩が日課だった子も、進行性網膜萎縮症(PRA)になってしまうことで、散歩を嫌がるようになったりします。

 

進行性網膜萎縮症(PRA)は遺伝性の病気であることはわかっていますが、現在のところ治療法がなく確実に症状が進行していきます。

 

夜だけでなく昼間や明るい部屋でも見えにくくなってくると言われています。

 

ただ、進行性網膜萎縮症(PRA)は痛みなどはないことと、症状の進行が比較的ゆっくりなこともあり、犬自身で見えにくい状況に順応していくケースも多いといいます。

 

外見の症状がないために飼い主も気づかないうちに症状が進行していることも多いそうです。

 

もしも、進行性網膜萎縮症(PRA)と診断されたら、室内の環境も考えてあげたいところですね。

 

できるだけ犬に対して邪魔なものを置かないなど、工夫をしてあげるといいでしょう。

 

視力が低下しても散歩に行きたがる子もいると思いますので、そういう場合はできるだけ広くあまり他の犬や人のいない静かな場所で散歩をさせてあげてください。

 

どうしても人通りの多いところを通らなければいけない時は、その場だけ抱っこしてあげてもいいですね。

 

進行性網膜萎縮症(PRA)は遺伝性の病気であることから、安易に繁殖しないということも大切です。