トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

白内障

 

トイプードルのかかりやすい病気のひとつに、白内障があります。

 

人間にも白内障がありますが、トイプードルの場合もこれと同じになります。

 

白内障は目の中にある水晶体が白く濁ったようになります。

 

人間の場合は手術をすることもありますが、トイプードルの場合は発見が早ければ点眼薬などで治療も可能になります。

 

内服薬を処方されることもあるようですね。

 

白内障は症状が進行してしまうと、視力を失うこともあるため早めに適切な処置をしてあげたいものですね。

 

白内障になれば視力も低下してきますので、なんだかいつもと様子が違うと思ったら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

歩き方がおかしかったり、物にぶつかる、おもちゃで遊ぶのが好きなのに反応が悪くなるなど、色々なサインがあるので、そのサインを見逃さないようにすることが大切ですね。

 

目が白く濁ったようになるのは、白内障だけとは限りません。

 

目を痛がったり、ひっかいてしまったりして傷つけた時にも、同じように炎症が理由で目が白く濁ることがあります。

 

目をやたらと床などにこすりつけるようにしたり、手で擦るようなそぶりを見せた時は、診察を受けて原因を把握しておくことも大切です。

 

人間同様、日ごろからの健康管理をないがしろにしてしまうと、後になってこじらせてから大騒ぎすることにもなりかねません。

 

いつもの何か違うな、と感じたら病院に連れていくことも大切ですね。