トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのジステンバー予防

 

犬のジステンバーの予防は、ワクチン接種になります。

 

単体のワクチンもありますが、現在は混合ワクチンの中にジステンバーも含まれる場合がほとんどですね。

 

ジステンバーは感染すると子犬の場合、死亡する確率も高いとても恐ろしい病気です。

 

主な症状としては、熱が出て咳をしたり常に鼻水を垂らすようになります。

 

高熱が続いた状態で咳、下痢、おう吐をするので、かなり体力を消耗します。

 

子犬の場合は耐えられずに死亡してしまうことも多くなります。

 

成犬の場合は治療をして助かる場合もありますが、ウイルスが脳までいってしまうと神経症状も出て後遺症が残ります。

 

感染力も高いので、まだ免疫力も抵抗力もない子犬を一度にたくさん同じサークルなどで扱うペットショップで、1匹でもジステンバーに感染している子がいると全滅してしまうこともあるといいます。

 

全てのペットショップがそうだといっているわけではありませんが、子犬といっても命を扱うのですから十分注意をしてほしいものですね。

 

成犬になった場合でもきちんと予防対策を取っておかなければ、散歩に行った時に感染してしまう可能性も十分に考えられます。

 

ジステンバーの予防にはワクチン接種しかありません。

 

単体ワクチンか、混合ワクチンかは動物病院やかかりつけの獣医とよく相談して決めてください。