トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの予防接種

 

狂犬病の予防注射も予防接種のうちのひとつになります。

 

他にはどのような予防接種があるのかを見ていきましょう。

 

パルボウィルスは、ひどい下痢やおう吐で徐々に体力を消耗し、子犬の場合数日で死んでしまうこともある、とても感染力の強い病気です。

 

ジステンパーは、下痢や発熱の他に神経症状が出るのでまっすぐ立つことができなかったり、眼球が明らかに異常な状態になったりすることもあり、死亡率が高く完治しても後遺症が出る病気です。

 

パラインフルエンザとアデノウィルス2型は、ケンネルコフともいわれる咳や鼻水が出て扁桃炎など呼吸器系の病気です。

 

犬の風邪のようなものですね。

 

しかし、子犬の場合はちょっとしたことが原因で命取りになる場合もあるので予防も大切です。

 

伝染性肝炎は、その名の通り犬の肝炎ですが、子犬の場合は突然死することもある恐ろしい病気です。

 

コロナウィルスは、腸炎からくる下痢やおう吐があり、子犬の場合は免疫力や抵抗力もまだないので、パルボウィルスと一緒に感染してしまうと死につながる恐ろしい病気です。

 

レプトスプラは、人間にもある病気で肝臓や腎臓にダメージを受ける病気です。

 

アウトドアや外で活動する犬は、感染しやすいといわれているので予防接種は欠かせません。

 

これらの病気全てにそれぞれ単体ワクチンがあり、予防接種も可能ですが、今は混合ワクチンもあるので、年に1回混合ワクチンとして接種するようになっています。

 

動物病院によって扱うワクチンのタイプや種類に違いがありますので、各動物病院で問い合わせてみましょう。