トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの狂犬病予防

 

狂犬病は一度感染してしまうと治療法が確立されていないために、最後には必ず死が待っているとても恐ろしい病気です。

 

犬から人へ感染することもあり、全ての哺乳類に感染するといわれています。

 

現在のところ日本国内では、狂犬病予防接種を義務付けていることもあり、感染と発症は確認されていません。

 

しかし、お隣の中国や発展途上国では、いまだに狂犬病が満えいしているといわれています。

 

狂犬病予防法という法律に基づき、毎年一回の狂犬病予防注射をしなければいけません。

 

しかし、この努力があってこそ現在日本には狂犬病が無くなったので、飼い主の責任と義務でもある以上、必ず狂犬病予防注射を受けましょう。

 

狂犬病予防法では国内にどれくらいの犬がいるのかを把握するために、犬の登録を義務付けています。

 

生後90日以内の犬を取得した場合、30日以内に役所へ届け出をしなくてはいけません。

 

よく犬の首輪にある金属のプレートは、この登録をした証として発行される鑑札のことです。

 

狂犬病予防注射は毎年行いますが、犬の登録は一生涯に一度でいいので必ず登録をしましょう。

 

保健所でも登録の仕方を教えてくれますが、費用を払えば、動物病院で狂犬病予防注射と一緒に犬の登録をしてくれることもあります。

 

任せておくと安心なので病院で頼んでもいいですね。

 

登録は生涯に一度ですが、引っ越しをした時には、その都度届け出が必要なので覚えておきましょう。