トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの健康管理

 

家族の一員でもあるのですから、愛犬の健康管理は飼い主の責任であることはいうまでもありませんね。

 

まず、トイプードルの健康管理で何を注意すればいいのかについてです。

 

よく動物病院に行くとどこも具合が悪くなくても、「食欲はありますか?」と一番最初に質問されます。

 

食欲で健康状態を見極めることもできるので、この質問をするそうです。

 

確かに、調子が悪くなった時は食欲がなかったりするので、毎日の食欲を観察することも大切なことですね。

 

もうひとつ、ウンチの状態も健康管理には欠かせないものとなります。

 

ウンチの状態が変わった時は、何らかのサインになる場合もあるので、こちらも重要な見極めポイントです。

 

調子が悪くて動物病院に行く時は、ウンチも持参するといいですね。

 

次は目です。

 

具合が悪い時は、人間も目つきがトロンとしたような状態になりますね。

 

これは犬も同じで異常に寝むそうにしていたり、目に輝きがない時は具合が悪い場合もあるので、目もよく観察しましょう。

 

鼻が乾いているから具合が悪いと思うこともありますが、寝起きは鼻が乾燥していることがあります。

 

常に乾燥している場合には、どこか異常があるかもしれません。

 

食欲があっても食べ過ぎで太らせてしまっては、犬も病気になってしまいます。

 

お腹のお肉の付き具合で、その子のベストな状態を考えてあげることも大切です。

 

トイプードルの健康管理といっても特別なことをするのではなく、毎日の積み重ねですから犬をよく観察してスキンシップを取ることで犬も喜びますし、体調の変化にも気づきやすくなりますね。