トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのショークリップ

 

トイプードルのショークリップには、大きく分けて4通りのクリップがあります。

 

コンチネンタルクリップ、イングリッシュサドルクリップ、スポーティングクリップ、サマーマイアミクリップ。

 

主にこの4通りがトイプードルのショークリップで、ポピュラーなスタイルになっています。

 

毎年春先にイギリスで開催される、世界一のドッグショーといわれる、クラフト・ドッグショーにもプードル部門があり、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイまでたくさんのプードルが大集合します。

 

イギリスでも、やはり主流なのは、コンチネンタルクリップ、イングリッシュサドルクリップ、スポーティングクリップとなっています。

 

足の部分を少し太めに毛を残したり、胸の部分を丸くカットしたりとそれぞれアレンジしたスタイルもあります。

 

毛の色や毛質によっても同じショークリップなのに少し違いがあります。

 

トリマーの多くは、ドッグショーでショークリップを観察し学ぶことができるので、勉強も兼ねて見に行く人も多いそうです。

 

トイプードル以外にも様々な犬種が集まる世界一のドッグショーならば一度見てみたいものですね。

 

例えば、同じブラックのトイプードルでもショークリップのタイプを変えるだけで、全く違った印象になるのも面白いところだと思います。

 

さすがに、ドッグショーでテディベアカットにしているプードルは確認できませんでしたが、ドッグショーでもクリップ別部門があったらもっと面白くなるのになと思ってしまいます。

 

そもそもドッグショーの目的というのは、純粋犬種の改良と繁殖の向上を図ること、となっていますからペット用のカットはふさわしくないのかもしれませんね。