トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの毛色

 

トイプードルは、毛色が豊かなことでも知られている犬種ですね。

 

トイプードルと言えば、テディベアカットが人気になっていますよね。

 

茶系の毛色がまるで本物のテディベアのように可愛いことから、レッド、アプリコット、ブラウンの毛色が一番人気も高いようです。

 

このため、ペットショップではこの3色の値段も高くなっているようですね。

 

他には、ブラックやホワイトも定番のプードルカラーとなっています。

 

ホワイトでも真っ白い白もあれば、少しクリームがかったホワイトや、ゴールドがかったシャンパンホワイトと呼ばれる白もあります。

 

黒も同じように、真っ黒い黒もあれば、シルバーっぽい黒やグレーがかった黒などもあります。

 

白とクリームの中間のようなベージュがかった毛色もあれば、シルバーベージュまで実に色々な毛色があります。

 

日本では、JKCという団体が血統書を発行しているのは、ご存じの方も多いですよね。

 

JKCでは公認されていない毛色を含めれば、もっとたくさんの毛色があるので紹介しておきますね。

 

まず、ハーレクインと呼ばれる白と黒の毛色をもつトイプードルもいます。

 

頭は黒いのに体は真っ白の毛色という風にちょっと変わった色もあります。

 

体は黒いのに、胸や顔の一部は茶色いクラック&タンというカラーもあります。

 

さらにダックスのように全身がマーブル模様になっているブリンドルと呼ばれるカラーもあるんですよ。

 

これほどまでに多種多様の毛色があるのも、トイプードルの魅力なのではないかと思います。