トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

シャンプーをするタイミング

 

トイプードルの場合、成犬になってしまえば定期的にトリミングに出すことになるので、シャンプーのタイミングはトリミングに出すタイミングになります。

 

子犬でまだトリミングが必要じゃない場合は、家でシャンプーをしてあげましょう。

 

しかし、いくらキレイにしたいからといって人間の感覚でしょっちゅうシャンプーをしてしまうと、皮膚を保護するために必要な皮脂まで洗い流してしまうことになり、かゆみやフケの原因になりますので、洗いすぎには十分注意しましょう。

 

シャンプーデビューは早くても生後2ヶ月くらいを目安にします。

 

シャンプーをするタイミングについては、季節によっても変わってきますので、季節ごとや子犬の体調なども注意しながら行います。

 

冬場ならば匂いが気になったら洗う。

 

これでも十分だと思います。

 

夏は、2週間に一度でも十分だと思います。

 

季節にかかわらず、シャンプーの時は十分にすすいであげましょう。

 

乾かすときも十分に乾かしてあげてください。

 

このくらいならいいだろうと、適当にして湿ったまま放置して風邪をひかせてしまうことも十分考えられます。

 

風邪をひかないようにするためにも、シャンプーのあとは念入りに乾かすということも忘れずに。

 

吸収性のいいタオルやブラシなどを使い分けると、乾かしやすいのでオススメです。

 

子犬のシャンプーを始める時期についてお話をしていきます。

 

一般的にどの子犬もシャンプーを始めるのは2回目のワクチンが済み、お散歩ができるようになってからがいいとされていますね。

 

人間の感覚からするとシャンプーをしてあげた方がキレイになってさっぱりするのではないかと思ってしまいますが、子犬のうちはシャンプーをすることがストレスになり、体調を崩してしまうこともあります。

 

ですから、シャンプーデビューは、体力も抵抗力もしっかりとついてくる頃まで待つのがいいと思います。

 

たまにお腹をこわしてお尻や手足を汚してしまうことがありますね。

 

母犬が一緒なら全部舐めてキレイにしますが、母犬がいない場合は汚れた部分だけ軽く洗ってあげてもいいでしょう。

 

でも、この時には十分に乾かしてあげることです。

 

少しでも湿っているところがあれば風邪を引く原因にもなるので、やむ終えず部分的に洗った場合は十分に乾かすことが大切です。

 

ただし、子犬でも絶対にシャンプーをしてはいけないというわけでもありません。

 

どうしてもシャンプーしたい場合はその季節によって室温などに注意し、シャンプー後は完全に乾かすことに注意すれば子犬でもシャンプーは可能です。

 

その子の健康状態なども気をつけてあげましょう。

 

トイプードルの場合は毛の密度も濃いので、特に子犬のシャンプーの後は、念入りに乾かしてあげてくださいね。

 

成犬になれば毎月1回程度のトリミングに出すと思うので、家でシャンプーをすることもないと思います。

 

シャンプーはトリマーさんにお任せしましょう。