トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのしつけ本

 

初めてトイプードルのしつけをする時は、何をどうしたらいいのかわからない、何がわからないのかわからない、といった状態ですね。

 

飼い主がこれではしつけもままならないので、しつけ本を参考にするのもいいと思います。

 

<トイプードルのオススメの本>

 

トイ・プードル 飼い方・しつけ・お手入れ

 

トイ・プードル はじめての飼い方・しつけ方

 

トイ・プードルがいちばんよろこぶ飼い方・しつけ方

 

これは私の考え方なのであくまでも参考意見として受け取ってほしいのですが、全てしつけ本通りにするのは良くないと思います。

 

例えば、人間の赤ちゃんの場合でも、育児本というのがありますね。

 

育児経験のある人、子犬をしつけたことのある人ならお分かりいただけると思いますが、全てマニュアル本通りにはいきませんね。

 

育児本通りに行かない場合、不安に感じることもあるかもしれませんが、失敗を繰り返しながら赤ちゃんと一緒にママも成長していきます。

 

犬の場合も全く同じで、全てしつけ本通りにはいきません。

 

犬にも個体差があり、それぞれが個性を持っています。

 

賢いといわれるトイプードルにも、のんびり屋さんもいれば、物覚えの悪い子だっているはずです。

 

全てしつけ本を鵜呑みにして、その通りに行かないからといって、うちの子はダメな子なのではないかと思う飼い主さんもいるでしょう。

 

最初からできなくて当たり前!

 

その通りにできたらむしろ奇跡くらいに思っておきましょう。

 

しかし、しつけ本も参考にできるものはたくさんあります。

 

例えば、しつけの時に使う言葉は、マテ、ヨシ、スワレなど短く簡潔にというのは大いに参考にしていいと思います。

 

しつけ本は丸ごと鵜呑みにするのではなく、参考程度に思っておくといいですね。