トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの無駄吠えのしつけ

 

トイプードルの無駄吠えのしつけについては、色々な悩みもありますね。

 

犬が吠えるのには、必ず何かしらの理由がある、ということも覚えておきましょう。

 

吠えるからただただ、うるさがるのでは飼い主と犬との信頼関係にも影響してきます。

 

まず、犬が吠える場合は、何かを要求したい時です。

 

例えば、サークルの中から出してほしい時、飼い主に甘えたい時、遊んでほしくて催促する意味で吠える子もいます。

 

知らない人や宅配便の人が来ると吠える場合は、警戒して吠えている場合が多いと思います。

 

多頭飼いの場合、誰かがいたずらをすると、それを知らせようと吠えることもあります。

 

以前、外で大型犬を2頭飼っていたことがあります。

 

雷が鳴り大雨が降った日のことでした。

 

1頭がものすごく吠えるので、最初は雷を怖がっているのだろうと思い、特に注意はしていませんでした。

 

しかし、あまりにも長時間吠え続けるので様子を見に行くと、雷を怖がり家に入ろうとしたのでしょう。

 

もう1頭が柵を乗り越えようとした時、首輪が引っかかり宙づり状態になっていたのです。

 

幸い発見が早くすぐに助けることができましたが、「相棒が大変なことになっている!!助けて!」と知らせていたのだと思います。

 

このように無駄吠えといっても、必ず何らかの意味があるので、まずはなぜ吠えるのかを把握しましょう。

 

これも私の場合ですが、普段は家の中で自由にさせています。

 

どうしても仕事が忙しく手が離せない時だけサークルに入れていますが、トイレをしたい時には吠えてお知らせをしてくれます。

 

一概に吠えることが全て無駄吠えとも限りませんので、見極めも難しいですね。

 

要求や甘えの無駄吠えに対しては、無視するのが一番効果的ともいわれています。

 

トイプードルは甘えん坊さんも多いので、飼い主さんに甘えて無駄吠えをすることがあるので、吠える前に遊んであげるのもいいと思います。

 

この場合、タイミングを見計らって吠える前に遊んであげれば、吠えなくても遊んでもらえるということを学習するので無駄吠えも減ってきます。