トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのサークルのしつけ

 

トイプードルのサークルのしつけについて説明します。

 

サークル内にベッドやトイレを作ってあげると、落ち着ける場所を確保できますし、トイレの覚えも早くなるので、サークルを使った躾も効果があると思います。

 

ただし、サークルといっても色々なタイプがありますね。

 

最初に居場所を決めるためにも、できるだけ快適な空間作りも飼い主の責任だと思ってください。

 

例えば、何の仕切りもなくベッドとシーツをおいて、さぁここで寝なさい、ここでトイレをしなさいと言ったって、子犬は何が何だか分からず、シーツの上で寝て、ベッドでトイレをしてしまうことも十分考えられます。

 

トイプードルのサークルのしつけは、ある程度飼い主が導いてあげることも大切ですね。

 

例えば、仕切りをつけるというのもいい方法だと思います。

 

今はサークルでも最初からトイレも確保できるように仕切りの付いたものも販売されていますので、そういうサークルをそろえてあげてもいいでしょう。

 

今ある仕切りのないサークルを使う場合は、いい方法があるので紹介しておきますね。

 

比較的大きめな品数の豊富な100円均一ショップに行くと、キッチンコーナーに編み目状になった10センチ〜15センチの仕切りが売っています。

 

本来は、壁にかけてフックを付け調理道具を引っかけたりするものですが、これは高さも高すぎず子犬でも超えられる高さなので仕切りにとても重宝します。

 

家の中で自由にさせている人は、トイレをサークルの中に作ってあげるのもいいと思います。

 

日中は自由にしていて、寝る時にサークルに入れるのなら、子犬の時から習慣付けておきましょう。