トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのトイレのしつけ

 

トイプードルのトイレのしつけについて困っている方も多いのではないでしょうか?

 

トイプードルは小型犬の中でも、特に賢い子が多いので他の犬種に比べてトイレの躾も比較的楽な方だと言われています。

 

しかし、躾方法に関しては色々な意見があるので、何が正しくて何が間違っているかとはいえない部分もあります。

 

子犬の場合は、寝起きや食後すぐにトイレをするので、日中家族の誰かが常に家にいる場合は、トイレのタイミングを見計らってトイレに連れていくなどもひとつの方法です。

 

また、サークルの中にトイレを作ってあげるスペースがあるなら、ペットシーツを敷いておきベッドなどの横において、目が覚めたり、食事の後トイレができたらサークルから出す習慣をつければ自然とトイレを覚えてくれます。

 

この場合ある程度、子犬の自主性に任せることで、トイレを覚えるので覚えも早くなります。

 

しかし、ブリーダーのところではある程度トイレを覚えていたのに、新しい家族のもとへ行ったとたん、トイレを失敗してしまうというケースも多くあります。

 

この場合は、サークルの中にあったトイレを他の場所にしているということで、トイレの場所がわからなくなってしまったことが原因だと考えられます。

 

新しく子犬を迎える時は、今までどこにトイレを設置していたか確認しておくといいですね。

 

もちろん、どの場合でも上手にトイレができたら、大げさすぎるくらいオーバーに褒めてあげてください。

 

どんな犬でも飼い主に褒められれば、これほどうれしいことはないはずです。

 

トイレが上手にできたら褒めてもらえると学習するので、中には褒めてもらいたい一心でトイレが終わると報告しにくる子もいます。

 

もちろん、こういう場合も「よくできたね!」と褒めてあげましょう。

 

仮に失敗してしまった場合に、きつく叱ることでスネてしまったり、飼い主の気を引くことができると思い込み、わざと失敗する子もいます。

 

失敗した時は、何も言わずに黙って片づける方がいい場合もあります。

 

最初は失敗して当たり前というくらいに、あまり神経質にならない方がいいですよ。

 

失敗してもいいように、床に防水加工をしておいたり、トイレも大きめに確保するなど工夫も必要です。