トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

フセのしつけ

 

フセに躾はおすわりの躾と同じような方法で行いました。

 

おすわりは犬の目線を利用して高い位置からやると、自然と座る姿勢をとるので高い位置から行います。

 

フセは逆に飼い主も犬の目線で行うので、あまり人には見せたくない格好になります(笑)

 

まず、おすわりをマスターしてからフセを覚えさせると、比較的簡単なので最初におすわりをマスターさせましょう。

 

次は座った姿勢で、前足を優しく持ち床にフセの姿勢をとらせます。

 

少し強引な感じもしますが、あくまでも優しく足を持ってあげてくださいね。

 

そして、フセの体型になったら、「フセ」といいい少しの間でもその姿勢をキープできたら、たくさん褒めてあげましょう。

 

また、おやつを使ってフセを覚えさせるのもいいと思います。

 

おすわりをした姿勢から、おやつを鼻に近付けてそのまま床まで下げながら犬がフセの姿勢になるように誘導してあげます。

 

ここでもフセの姿勢になる少し前のタイミングで「フセ」といいましょう。

 

これも上手にできたら思いっきり褒めてあげましょう。

 

褒めれば褒めるほど上達も呑み込みも早いので、とにかく褒めましょう。

 

飼い主さんも同じように低い目線で行うと、アイコンタクトをとりながらできるのでオススメです。

 

おやつを上手に使っていけば躾もスムーズに進みます。

 

ただし、あまりたくさんあげすぎてしまったり、いつまでもおやつで釣ると今度はおやつがないと言うことを聞かなくなってしまうので、上手におやつを使い分けてくださいね。