トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

アイコンタクトをとる

 

アイコンタクトは、飼い主と犬の信頼関係を築くためにも、とても大切なことです。

 

信頼関係なしでは家族の一員としても、躾をするにも支障が出てきてしまいます。

 

まずは、一番最初に信頼関係を築きましょう。

 

とはいっても、何をどうしたらいいかわからないものですね。

 

一番簡単なのは、名前を呼んだら目を見るようにする、これです。

 

もちろん、名前を呼ばれてそばに来れば、さらに褒めてあげましょう。

 

最初は名前を呼んでこちらの目をみたら、そこで褒めてあげます。

 

トイプードルは学習能力が高いので、嬉しいことはすぐに学習してくれます。

 

散歩ができるようになった時も、散歩中にアイコンタクトをとるのも大切です。

 

飼い主を無視して一心不乱に歩くのでは、主導権が犬に行ってしまっている証拠です。

 

散歩の途中に飼い主さんの目を見たら、良い子だねと褒めてあげます。

 

とにかく何をするにも、目を合わせる習慣をつけるといいと思います。

 

逆に、いたずらをしたり、やましいことがある時は、目を合わせないどころか顔を背けたりするのですぐにわかります。

 

アイコンタクトが取れている時は、飼い主もうれしいものです。

 

飼い主が嬉しければきっと、犬もうれしいはずです。

 

躾の時もアイコンタクトは役に立ちますので、「最初に名前を呼ぶ→目を見る」、ということを覚えさせておきましょう。