トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの爪切り

 

犬はどの犬種もそうですが、毎日お散歩をしていても爪は伸びてきます。

 

子犬の頃は、まるで魚の歯のように小さくとがっていた爪も、成長とともに次第に太く硬くなっていきます。

 

爪が白い子は血管が見えるので、爪切りも自分でできると思います。

 

爪が黒い子は血管が見えないために、つい切り過ぎて血を出してしまうこともあります。

 

一度でもこれをやってしまうと、爪切りが大嫌いな子になってしまうので、爪切りは慎重に行いましょう。

 

黒い爪の子の場合は一度で切ろうとせずに、少しずつ様子を見ながら切っていきましょう。

 

ある程度切っていくと血管のようなものがうっすらと、爪の真ん中あたりに見えてきますので、それ以上切ると必ず血が出ます!

 

そこでやめておきましょう。

 

爪の切り方もただ切るだけでなく、面取りのようになるべく角を作らないように細かく丸く切ってあげるといいですね。

 

切ったばかりの角がある爪で体や目を引っかくと傷つけてしまう恐れがあるので、やすりを使える場合はやすりなどで角をとってあげてください。

 

トイプードルの場合は、毎月1回程度トリミングに出すと思います。

 

その時に一緒に爪切りをしてもらうこともできるので、トリマーさんにお願いしてもいいと思いますよ。

 

もしくは、動物病院で爪切りだけでもやってもらえるので、一番いい方法を選んでくださいね。

 

爪切りもコツさえつかめば意外と簡単です。

 

動物病院などで切り方をみて覚えてもいいですね。