トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの血統書の登録

 

トイプードルは、純血種なので血統書があると思います。

 

ペットショップやブリーダーから犬を譲り受けた場合は、すでに血統書があるので、特に手続きの方法などは気にすることもないと思います。

 

しかし、自家繁殖させた場合は、自分で血統書を登録する必要性も出てきますね。

 

この場合は、どうすればいいかについて考えてみましょう。

 

はっきりいって自分で血統書を登録するのはかなり大変です。

 

日本国内の場合ならば血統書を登録し発行するのは主に、JKC(ジャパンケンネルクラブ)になると思います。

 

まず、自家繁殖で生まれた子犬の血統書を登録する場合は、親犬の血統書を確認するとわかると思いますが、自分自身が犬のオーナーであり、JKCの会員でなければいけません。

 

(※詳細については、JKCのホームページを参照してください。)

 

前のオーナーから名義変更していない場合は、名義変更をする必要があります。

 

JKCの会員でない場合は、会員になる手続きも済ませておきましょう。

 

オスやメスのDNA登録も必要になるので、ここのところも確認しておきましょう。

 

血統書を登録するまでには、いくつかの登録や申請もしておかなければいけませんし、それぞれの登録、申請には費用もかかります。

 

費用などの詳細もJKCのホームページで調べることができますので、そちらを見てください。

 

個人的には血統書があっても一度も使ったことがないし、ショードッグ以外は特に必要性も感じません。

 

しかし一応、自家繁殖させる場合は、自分で血統書を登録することになるので覚えておくといいですね。