トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの多頭飼い

 

トイプードルはとても賢く学習能力が高いので、初めて犬を飼うという人にも飼いやすい犬種だと思います。

 

性格もフレンドリーなので、誰とでもすぐにうちとけることができます。

 

小型犬は室内で飼う場合も多くなりますが、トイプードルは抜け毛も少なく匂いもあまり気にならないので、室内犬としても人気があります。

 

飼いやすさからトイプードルの多頭飼いをする人も多くなっていますね。

 

私も多頭飼いをしていますが、1頭目から次は何匹になっても同じような気がします。

 

犬のことは犬に習え、というように多頭飼いをしていると、犬同士で小さい社会のようなものができます。

 

飼い主はそれをうまく管理して調整していく感じですね。

 

しかし、いくら性格がよくフレンドリーだからと言っても、ある意味縦社会はしっかり意識しておいた方がいいでしょう。

 

一番最初からいる子は、何をするにも一番最初にします。

 

生まれた順番または、家に来た順番で順序を考えてあげることも大切です。

 

後から来た子犬が可愛くて、ついつい子犬ばかりかまってしまうと、犬はそういう所もちゃぁ〜んと見ています(笑)

 

やきもちを焼いて飼い主さんの気を引こうとしたり、時には意地悪をしたり喧嘩になることもあります。

 

後から来た子が自分の方が上なのだと、勘違いさせてしまうことにもなります。

 

多頭飼いの場合は、こういう順序も注意しておきたいものですね。

 

また、オスとメスを飼っている人は、子犬を産ませる気がない場合、特にヒートの時期には注意しましょう。

 

もしも将来的に子犬を産ませる予定がない、または兄妹犬の場合は避妊手術や去勢手術をすることも考えておきましょう。

 

避妊手術や去勢手術は、将来的な病気の予防にもなるので、考えに入れておくことをオススメします。