トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルの耳のお手入れはどうやってするの?

 

トイプードルの耳のお手入れ方法について説明します。

 

トイプードルは成犬になると月に1回はトリミングに出すので、多くの人はトリミングに出した時に耳掃除もしてもらえるので、それで耳のお手入れは完了としていることが多いようですね。

 

でも、トイプードルのように耳がたれている子の場合は、耳を常に清潔にしていないと蒸れたり、病気になったりすることもあります。

 

同じトイプードルでも、体質によって脂症の子もいれば乾燥気味な子もいます。

 

当然体質や病気で耳垢のタイプも変わりますし、お手入れ方法も変わってきます。

 

一般的には耳の洗浄液で10日に一度くらい、お手入れをしてあげるのがいいとされています。

 

洗浄液を自分で使うのが怖い人は、動物病院で処置もしてくれますし方法も教えてもらえます。

 

洗浄液も分けてもらえるので、やり方を聞いて自分でお手入れをしてみるのもいいと思います。

 

綿棒で耳掃除をする時、耳垢を押し込んでしまい返って逆効果になることもあるので、自分でお手入れをする時は、洗浄液を使ったお手入れが無難だと思います。

 

あとは、数日に一度洗浄液をしみこませたコットンで耳の裏や見える部分だけを軽くふき取ってあげるなどもしましょう。

 

常に清潔にしておくことで、たれ耳ならではのトラブルも減ってくると思います。

 

我が家の場合は兄妹犬なのに体質がそれぞれ違うので、ほとんど掃除がいらないないくらい耳垢がたまらない子もいれば、5日1回は掃除しないと耳垢がたまってしまう子もいるので、その子に合わせて掃除のペースを変えています。

 

明らかに耳が臭いと感じた時は、何かの病気だということも考えられますので病院に行ってみましょう。