トイプードルの飼い方・しつけ方・値段・性格・病気

トイプードルのおしっこのしつけが上手くいかない場合は?

 

トイプードルのおしっこのしつけが上手くいかない場合は、いくつかの理由が考えられます。

 

いくらトイプードルが賢くて躾けのしやすい犬種だからといって、「ハイここがトイレね!」といったところで覚えるわけがありませんね。

 

まず、トイレの場所を決めます。

 

寝起きや食後は必ずおしっこをしますので、ソワソワしだしたらトイレまで連れて行きます。

 

トイレでおしっこをした後は、思いっきり褒めてあげましょう。

 

これを繰り返していくうちに自然と自分からトイレに行くようになります。

 

ただし、子犬の場合は、トイレに行くまでに間に合わずにトイレの手前でしてしまうこともありますから、失敗したからといってむやみに叱ってはいけません。

 

その場合は黙って片づけ掃除を済ませてください。

 

自分はトイレに行こうとしたのに、そこで叱ってしまうと混乱さることにもなります。

 

また、トイレの場所や形態も大切ですね。

 

子犬が行きにくい場所や途中に障害物がある場合は、トイレに行く意思はあっても間に合わずもらしてしまうこともあります。

 

完全に覚えるまではトイレの場所を頻繁に変えたりせず、一度決めたら固定しましょう。

 

また、トイレがセットになって売られているものを使っている人もいますね。

 

ゆくゆくはそのトイレを使う予定でも、まず少し広めにスペースを取ります。

 

万が一失敗してもいいように、トイレシーツの下に敷く使い捨ての防水シートなども使いましょう。

 

また、前にいた環境ではトイレがサークルの中にあったのに、新しい環境ではトイレが違う場所にある時なども、トイレを失敗しやすくなります。

 

前にいた環境ではトイレがどこに設置してあったのかなども確認して、できるだけ同じような場所にトイレを作ってあげましょう。